音質へのこだわり

 

当店は

 

「音質が良ければ、音楽はもっと楽しくなる」

 

と考えています。

 

今まで良さが分からなかった音楽も楽しめるようになったり、

好きな曲をもっと好きになることもあるでしょう。

 

私たちは

 

「そこで人が歌っているような」

「そこで楽器が鳴っているような」

 

そんなリアルな感覚を得られる音響空間を目指すべくプロケーブル仕様の音響システムを構築しました。

具体的には以下の環境となっています。

① Electro Voice社のスピーカーを採用

プロ用途としても、ホームオーディオ用途としても高く評価されているElectro Voice社のPA用スピーカーを採用しています。

② Allen&Heath社のアナログミキサーXone92を採用

アナログミキサーはデジタルミキサーに比べ機能面では劣りますが、音質に影響を及ぼすデジタル変換がないため音質が良いとされています。
Allen&Heath Xone92はアナログミキサーの最高峰ミキサーとして世界的DJに愛用され、さらにホームオーディオ用途としても高い評価を得ています。

③ バイアンプ化

通常スピーカーは高域ユニットと中低域ユニットを同一回路にして一つのパワーアンプで再生しますが、バイアンプという手法は高域ユニットと中低域ユニットを別回路に分けて二つのパワーアンプで再生します。
結果として高域ユニットと中低域ユニットの音質低下につながる干渉をなくすことができます。

さらに部屋の状況に合わせて高域、中低域、サブウーファーの音量バランスを細かく調整できるため、日々試行錯誤を繰り返し音質の向上に努めています。

④ ダウン&アイソレーショントランスの導入

ダウン&アイソレーショントランスという機器で単相200Vから100Vまたは115Vに降圧すると、ノイズの少ない良質な電流を音響機器に送ることができます。
結果として機器の性能が最大限引き出すことができ、スピーカーの解像度や音圧、質感が向上しています。

 


 

プロケーブルは過激な論評を展開しているため批判的な意見が多くありますが、
実際に当店の音響システムは地元の方々から高い評価を得ています。

ぜひ当店で曲をリクエストして頂き、お好きな音楽をお楽しみください!